研究業績

[2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008] [2007] [2006] [2005]
[2004] [2003] [2002] [2001] [2000] [1999] [1998] [1997] [1996] [1995] [1994] [1993] [1992] [1991]

2018

2017

  • 新納浩幸, 浅原正幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔, "nwjc2vec:国語研日本語ウェブコーパスから構築した単語の分散表現データ", 自然言語処理, Vol.24, No.5, (to appear), (2017).
  • Kanako Komiya, Minoru Sasaki, Hiroyuki Shinnou, Yoshiyuki Kotani, Cross-lingual Product Recommendation System Using Collaborative Filtering, 自然言語処理, Vol. 24, No. 4,(to appear) (2017).
  • Hiroyuki Shinnou, Kanako Komiya, Minoru Sasaki, and Shinsuke Mori, "Japanese all-words WSD system using the Kyoto Text Analysis ToolKit", PACLIC-31, (to appear), (2017).
  • Hiroyuki Shinnou, Kanako Komiya and Minoru Sasaki, "Domain Adaptation for Document Classification by Alternately Using Semi-supervised Learning and Feature Weighted Learning", PACLING 2017, pp.239-250 (2017).
  • Kanako Komiya, Shota Suzuki, Minoru Sasaki, Hiroyuki Shinnou, and Manabu Okumura, "Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation Using Word Embeddings", CICLING 2017, (to appear) (2017).
  • 金子顕之, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸,"深層学習と合議を用いた極性分類", 第11回テキストアナリティクス
  • シンポジウム, (to appear), (2017).
  • 遊佐宣彦, 佐々木稔, 古宮嘉那子, 新納浩幸, "単義語と共起する多義語に対する分散表現を利用した語義分析",国語研言語資源活用ワークショップ, (to appear) (2017).
  • 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"nwjc2vec の fine-tuning ",国語研言語資源活用ワークショップ, (to appear) (2017).
  • 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔, "順方向多層 LSTM と分散表現を用いた教師あり学習による語義曖昧性解消", 情報処理学会自然言語処理研究会, NL-231-4 (2017).
  • 神宮理織, 佐々木稔, 古宮嘉那子, 新納浩幸,"用例文拡張辞書を利用したトピックモデルに基づく新語義検出",言語処理学会第23回年次大会, P20-2 (2017).
  • 鈴木雅也, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸,"固有表現抽出におけるタグセットの相互適応",言語処理学会第23回年次大会, P7-3 (2017).
  • 西友佑, 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"画像キャプション生成における複数形表現の統一",言語処理学会第23回年次大会, P4-5 (2017).
  • 鈴木類, 古宮嘉那子, 浅原正幸, 佐々木稔, 新納浩幸,"『分類語彙表』の類義語と分散表現を利用したall-words語義曖昧性解消",言語処理学会第23回年次大会, E1-3 (2017).
  • 遊佐宣彦, 佐々木稔, 古宮嘉那子, 新納浩幸,"分散表現に基づく日本語語義曖昧性解消における類義語と辞書定義文を併用した語義表現の有効性",言語処理学会第23回年次大会, E1-2 (2017).
  • 山木翔馬, 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"教師データを用いた語義の分散表現の構築",言語処理学会第23回年次大会, E1-1 (2017).

2016

  • Shoma Yamaki, Hiroyuki Shinnou, Kanako Komiya and Minoru Sasaki, "Supervised Word Sense Disambiguation with Sentences Similarities from Context Word Embeddings", PACLIC-30, Y16-1010 (2016).
  • Minoru Sasaki, Katsumune Terauchi, Kanako Komiya, and Hiroyuki Shinnou, "Word Sense Disambiguation Using Active Learning with Pseudo Examples", SEMAPRO-2016,pp.59-63 (2016).
  • Kanako Komiya, Minoru Sasaki, Hiroyuki Shinnou, Yoshiyuki Kotani and Manabu Okumura, "Selecting Training Data for Unsupervised Domain Adaptation in Word Sense Disambiguation", PRICAI-2016, pp.220-232 (2016).
  • Kanako Komiya, Masaya Suzuki, Tomoya Iwakura, Minoru Sasaki, and Hiroyuki Shinnou, "Comparison of Annotating Methods for Named Entity Corpora", LAW-X 2016, Workshop of ACL-2016, pp.59-67 (2016).
  • Tatsuya Oono, Kanako Komiya, Minoru Sasaki, Hiroyuki Shinnou, "Estimating Concept Embeddings from Their Child Concepts", ICT-IPSC 2016, no 46 (2016).
  • 鈴木雅也, 古宮嘉那子, 岩倉友哉, 佐々木稔, 新納浩幸,"固有表現抽出におけるアノテーション手法の比較",情報処理学会自然言語処理研究会, NL-228-7 (2016).
  • 寺内賢志, 佐々木稔, 古宮嘉那子, 新納浩幸,"擬似用例を追加する能動学習を用いた一般単語の語義曖昧性解消",情報処理学会自然言語処理研究会, NL-228-6 (2016).
  • 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 森信介, "点推定による日本語 all-words WSD システム KyWSD", 情報処理学会自然言語処理研究会, NL-227-2 (2016).
  • 鈴木翔太, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸, 奥村学, "分散表現による語義曖昧性解消の領域適応", 情報処理学会自然言語処理研究会, NL-226-7 (2016).
  • 小井出慎, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸,"物語における登場人物の親しさ推定",言語処理学会第22回年次大会, P16-5 (2016).
  • 大野達也, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸,"概念辞書における子概念からの親概念の分散表現の推定",言語処理学会第22回年次大会, P16-4 (2016).
  • 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"半教師あり学習と素性の重み付け学習の交互適用による文書分類の領域適応",言語処理学会第22回年次大会, B3-5 (2016).
  • 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸,"分散表現と文脈ベクトルによるオノマトぺの分類の比較",言語処理学会第22回年次大会, P11-7 (2016).
  • 新納浩幸, 森信介, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"KyTea を利用した日本語 all-words WSD",言語処理学会第22回年次大会, P11-6 (2016).
  • 佐々木稔, 古宮嘉那子, 新納浩幸,"分散表現に基づく日本語語義曖昧性解消における辞書定義文の有効性",言語処理学会第22回年次大会, P11-1 (2016).
  • 山木翔馬, 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔,"分散表現から得た用例間類似度を素性に加えた語義曖昧性解消",言語処理学会第22回年次大会, P4-8 (2016).
  • 大内克之, 新納浩幸, 古宮嘉那子, 佐々木稔, "類義語を利用した単語の分散表現から語義の分散表現の構築", 言語処理学会第22回年次大会, P4-3 (2016).

2015

  • 新納浩幸,村田真樹,白井清昭,福本文代,藤田早苗,佐々木稔,古宮嘉那子,乾孝司,"クラスタリングを利用した語義曖昧性解消の誤り原因のタイプ分け",自然言語処理、Vo.22. No.5, pp.319-362, (2015).
  • 新納浩幸,"自然言語処理技術の現状と展望、エラー分析プロジェクトを通して、3.6 語義曖昧性解消", 情報処理, Vol.57, No.1, pp.20-21 (2015).
  • Hiroyuki Shinnou, Liying Xiao, Minoru Sasaki and Kanako Komiya, "Hybrid Method of Semi-supervised Learning and Feature Weighted Learning for Domain Adaptation of Document Classification", PACLIC-29, pp.500-507 (2015).
  • Kazuhei Kouno, Hiroyuki Shinnou, Minoru Sasaki and Kanako Komiya, "Unsupervised Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation using Stacked Denoising Autoencoder", PACLIC-29, pp.224-231 (2015).
  • Hiroyuki Shinnou, Minoru Sasaki and Kanako Komiya, "Learning under Covariate Shift for Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation", PACLIC-29, pp.215-223 (2015).
  • Kanako Komiya, Yuto Sasaki, Hajime Morita, Minoru Sasaki, Hiroyuki Shinnou and Yoshiyuki Kotani,"Surrounding Word Sense Model for Japanese All-words Word Sense Disambiguation", PACLIC-29, pp.35-43 (2015).
  • Kanako Komiya, Daichi EDAMURA, Ryuta TAMURA, Minoru SASAKI, Hiroyuki SHINNOU and Yoshiyuki KOTANI. "Domain Adaptation with Filtering for Named Entity Extraction of Japanese Anime-Related Words", RANLP-2015, pp.291-297 (2015).
  • Hiroyuki Shinnou, Yoshiyuki Onodera, Minoru Sasaki and Kanako Komiya. "Active Learning to Remove Source Instances for Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation", PACLING-2015, pp.156-162 (2015).
  • 山木翔馬,新納浩幸,古宮嘉那子,佐々木稔, "分散表現を用いた教師あり機械学習による語義曖昧性解消", 情報処理学会自然言語処理研究会, NL-224-17 (2015).
  • 新納浩幸,古宮嘉那子,佐々木稔, "all-words WSD のための概念辞書の自動作成", 情報処理学会自然言語処理研究会, NL-224-13 (2015).
  • 新納浩幸, 白井清昭, 村田真樹, 福本文代, 藤田早苗, 佐々木稔, 古宮嘉那子, 乾孝司, "語義曖昧性解消の誤り分析", 言語処理学会第21回年次大会 ワークショップ「エラー分析ワークショップ」 (2015).
  • Xiao Liying, 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "日本語人名辞書を用いた中国語文書からの人名抽出", 言語処理学会第21回年次大会, P4-21 (2015).
  • 永田純平, 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "文書分類をタスクとした Pylearn2 の Maxout+Dropout の利用", 言語処理学会第21回年次大会, P4-3 (2015).
  • 河野和平, 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "Stacked Denoising Autoencoderを利用した語義曖昧性解消の領域適応", 言語処理学会第21回年次大会, P4-2 (2015).
  • 菊池裕紀, 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "ベイズ規則による確率密度比の推定を用いた語義曖昧性解消の領域適応", 言語処理学会第21回年次大会, P4-1 (2015).
  • 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "語義曖昧性解消におけるシソーラス利用の問題分析", 言語処理学会第21回年次大会, P1-15 (2015).
  • 國井慎也, 新納浩幸, 佐々木稔, 古宮嘉那子, "素性に重みを付けるSelf-training手法を用いた文書分類の領域適応", 言語処理学会第21回年次大会, P1-8 (2015).
  • 小林優稀, 古宮嘉那子, 佐々木稔, 新納浩幸, 奥村 学, "領域適応のためのサポートベクトルを用いた訓練事例の反復的選択", 第7回日本語学ワークショップ, pp.129-136 (2015).

2014

  • 新納浩幸,佐々木稔,"共変量シフト下の学習による語義曖昧性解消の教師なし領域適応",自然言語処理, Vol.21, No.5, pp.1011-1035 (2014).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"共変量シフトの問題としての語義曖昧性解消の領域適応",自然言語処理, Vol.21, No.1, pp.61-79 (2014).
  • Minoru Sasaki, Kanako Komiya and Hiroyuki Shinnou,"Word Sense Disambiguation Based on Semi-automatically Constructed Collocation Dictionary",SEMAPRO-2014 (2014).
  • 新納浩幸, 菊池裕紀, 佐々木稔, 古宮嘉那子,"uLSIF を用いた事例への重み付けによる語彙曖昧性解消の領域適応",情報処理学会自然言語処理研究会, NL-218-2 (2014).
  • 新納浩幸, 國井慎也, 佐々木稔, "語義曖昧性解消を対象とした領域固有のシソーラスの構築",第5回日本語学ワークショップ, pp.199-206 (2014).
  • 菊池裕紀,新納浩幸,"uLSIF による重み付き学習を利用した語義曖昧性解消の領域適応",第5回日本語学ワークショップ,pp.63-70 (2014).
  • 小野寺善行,新納浩幸,"領域間距離を利用した能動学習による語義曖昧性解消の領域適応",第5回日本語学ワークショップ,pp.57-62 (2014).
  • 吉田拓夢,新納浩幸,"外れ値検出手法を利用した Misleading データの検出",第5回日本語学ワークショップ,pp.49-56 (2014).

2013

  • 新納浩幸,佐々木稔,"k近傍法とトピックモデルを利用した語義曖昧性解消の領域適応",自然言語処理, Vol.20, No.5, pp.707-726 (2013).
  • Shinya Kunii and Hiroyuki Shinnou,"Combined Use of Topic Models on Unsupervised Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation", PACLIC-27, pp.415-422 (2013).
  • 吉田拓夢,新納浩幸,"語義曖昧性解消の領域適応における Misleading データの存在と検出",第4回日本語学ワークショップ,pp.317-324(2013).
  • 小野寺善行,新納浩幸,"クラスタリングを利用した能動学習による語義曖昧性解消の領域適応",第4回日本語学ワークショップ,pp.309-316 (2013).
  • Horonori Kikuchi and Hiroyuki Shinnou,"Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation under the Problem of Covariate Shift",NL-212-4 (2013).
  • Shinya Kunii and Hiroyuki Shinnou,"Use of Combined Topic Models in Unsupervised Domain Adaptation for Word Sense Disambiguation",NL-212-3 (2013).
  • 新納浩幸, 佐々木稔,"k近傍法とトピックモデルを利用した語義曖昧性解消の領域適応",情報処理学会自然言語処理研究会, NL-211-13 (2013).
  • 小幡智裕, 佐々木稔, 新納浩幸, "サポートベクターマシンに基づくHit Miss Networkを用いたインスタンス選択", 言語処理学会第19回年次大会, P6-11 (2013).
  • 國井慎也, 新納浩幸, 佐々木稔, "ミドルソフトタグのトピック素性を利用した語義曖昧性解消", 言語処理学会第19回年次大会, P3-9 (2013).

2012

  • 新納浩幸,佐々木稔,"外れ値検出手法を利用した新語義の検出",自然言語処理, Vol.19, No.4, pp.303-327 (2012).
  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Word Sense Disambiguation Based on Distance Metric Learning from Training Documents", The Sixth International Conference on Advances in Semantic Processing (SEMAPRO2012) (2012).
  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Detection of Peculiar Word Sense by Distance Metric Learning with Labeled Examples", LREC-2012 (2012).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"外れ値検出手法を利用した新語義の検出",言語処理学会第18回年次大会, D5-5 (2012).
  • 真下飛瑠, 新納浩幸, 佐々木稔,"逆トピックワードを利用した外れ値文書検出",言語処理学会第18回年次大会, P3-35 (2012).
  • 西野太樹, 新納浩幸, 佐々木稔,"トピックモデルを用いた語義曖昧性解消",言語処理学会第18回年次大会, P3-8 (2012).
  • 佐々木稔, 新納浩幸,"商品タイトルから商品名を自動抽出するための効率的な教師データ作成手法",言語処理学会第18回年次大会, E4-1 (2012).
  • 新納浩幸, 全太俊, 佐々木稔,"人名構成文字確率を用いた文字ベース CRF による中国語人名検出",言語処理学会第18回年次大会, P2-31 (2012).

2011

  • 佐々木稔, 新納浩幸,"教師データ間距離学習を利用した新語義用例の検出",情報処理学会自然言語処理研究会,203-1 (2011).
  • 新納浩幸, 佐々木稔,"教師付き外れ値検出による新語義の発見",言語処理学会第17回年次大会, E3-7 (2011).
  • 佐々木稔, 新納浩幸,"距離学習に基づく語義識別の性能分析",言語処理学会第17回年次大会, E2-7 (2011)

2010

  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Document Clustering Using Semantic Relationship Between Target Documents And Related Documents",The Fourth International Conference on Advances in Semantic Processing (SEMAPRO2010) (2010).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Detection of Peculiar Examples using LOF and One Class SVM", LREC-2010 (2010).
  • 佐々木稔, 三上健太, 新納浩幸,"Webディレクトリを利用した意味的関連語集合の作成",言語処理学会第16回年次大会, A3-5 (2010).
  • 林華, 新納浩幸, 佐々木稔,"Web ディレクトリを利用した名詞のジャンルベクトルの作成",言語処理学会第16回年次大会, PB1-6 (2010).
  • 新納浩幸, 佐々木稔,"LOF と One Class SVM を用いた特異用例の検出",言語処理学会第16回年次大会, PB1-5 (2010).
  • 江口晃, 新納浩幸, 佐々木稔,"名詞の主要語義の推定と語義識別への応用",言語処理学会第16回年次大会, PB1-4 (2010).

2009

  • 佐々木稔,松本良太,新納浩幸,"類似性の不明なデータを手がかりとして与えるクラスタリング手法",DEIM フォーラム 2009 (2009).
  • 茂木哲矢,新納浩幸,佐々木稔,"文書クラスタリングを対象とした Weighted Kernel K-means の初期値設定法",言語処理学会第15回年次大会, D4-5, pp.693-696 (2009).
  • 相原功昌,佐々木稔,新納浩幸,"グラフクラスタリングによる単語用例クラスタリング",言語処理学会第15回年次大会, D4-3, pp.689-692 (2009).
  • 久保田敦,佐々木稔,新納浩幸,"商品説明文からの検索語に対する関連語抽出",言語処理学会第15回年次大会, D4-2, pp.685-688 (2009).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"用例間類似度測定のための属性重みの推定",言語処理学会第15回年次大会, D4-1, pp.681-684 (2009).

2008

  • 新納浩幸,"WWWの記事をその内容によって自動的に分類する",日本語学, Vol.27-2, pp.38-46 (2008).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Division of Example Sentences Based on the Meaning of a Target Word Using Semi-supervised Clustering", LREC-2008 (2008).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Ping-pong Document Clustering using NMF and Linkage-Based Refinement",LREC-2008 (2008).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Spectral Clustering for a Large Data Set by Reducing the Similarity Matrix Size", LREC-2008 (2008).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"文書関連性を素性として追加した文書クラスタリング",言語処理学会第14回年次大会, PA2-1, pp.580-583 (2008).

2007

  • 新納浩幸,佐々木稔,"NMFによる重み付きハイパーグラフを用いたアンサンブル文書クラスタリング",自然言語処理, Vol.14, No.5, pp.107-122 (2007).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Refinement of document clustering by using NMF", PACLIC-21, pp.430-439 (2007).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Ensemble Document Clustering Using Weighted Hypergraph Generated by NMF", ACL-2007 Demo and Poster Sessions, pp.77-81 (2007).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"縮約類似度行列を用いたスペクトラル手法によるクラスタリング結果の改善",人工知能学会第79回知識ベースシステム研究会, SIG-KBS-A702-11,pp.55-60 (2007).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"Webサイトの階層的なWebディレクトリへの自動分類手法",情報処理学会自然言語処理研究会, 180-19, pp.109-114 (2007).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"半教師有りクラスタリングを用いた語義数の推定と語義別用例の収集",情報処理学会自然言語処理研究会, 180-13,pp.73-78 (2007).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"NMF とリンクベースの修正法によるピンポン型文書クラスタリング",情報処理学会自然言語処理研究会, 179-2, pp.7-12 (2007).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"metaタグを利用したWebディレクトリの自動構築手法",言語処理学会第13回年次大会, D4-8, pp.895-898 (2007).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"Mcut+NMF による文書クラスタリング",言語処理学会第13回年次大会, C3-7, pp.558-561 (2007).

2006

  • 新納浩幸,佐々木稔,村上浩司,"制約を修正に用いた半教師有りクラスタリング",第9回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS-2006),pp.77-82 (2006).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"検索エンジンを利用した未登録単語に関する単語間距離の測定",言語処理学会第12回年次大会, D2-1, pp.380-383 (2006).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"文書分類手法を用いた企業Webサイトからの業種分類",言語処理学会第12回年次大会,C2-2, pp.352-355 (2006).
  • 新納浩幸,関根聡,"拡張固有表現タガーの作成とその問題点の考察",言語処理学会第12回年次大会,D1-5, pp.105-108 (2006).

2005

  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Spam Detection Using Text Clustering", International Conference on CYBERWORLDS (CW2005), pp.316-319 (2005).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"複数内容を考慮したスパムメールフィルタリング",言語処理学会第11回年次大会,pp.1185-1188 (2005).
  • 正木裕一,新納浩幸,佐々木稔,"文書分類を利用した画像検索結果のフィルタリング",言語処理学会第11回年次大会,pp.1181-1184 (2005).
  • 谷津哲平,新納浩幸,佐々木稔,"Webディレクトリを用いた検索ナビゲーション",言語処理学会第11回年次大会,pp.1022-1025 (2005).
  • 藤井丈明,新納浩幸,佐々木稔,"Web ページを用いた基底単語選出",言語処理学会第11回年次大会,pp.45-48 (2005).
  • 藤村元彦,新納浩幸,佐々木稔,"RSS フィード作成のためのニュース記事タイトルの抽出手法",言語処理学会第11回年次大会,pp.41-44 (2005).

2004

  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Information Retrieval System using Latent Contextual Relevance", LREC-2004, pp.457-460 (2004).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Semi-supervised learning by Fuzzy clustering and Ensemble learning", LREC-2004, pp.399-402 (2004).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"文書分類を用いたスパムメール判定手法",情報処理学会自然言語処理研究会, 163-11, pp.75-82 (2004).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"Web ページ内の目的部分の自動抽出",情報処理学会自然言語処理研究会, 162-6, pp.30-40 (2004).
  • 紺野憲一,新納浩幸,佐々木稔,"決定リストと期待損失を用いた同音異義語識別規則の能動学習",言語処理学会第10回年次大会,pp.757-760 (2004).
  • 藤井丈明,新納浩幸,佐々木稔,"語義識別の誤り原因の調査とオンザフライの類似語判定",言語処理学会第10回年次大会,pp.753-756 (2004).
  • 佐々木稔,遠藤あゆみ,新納浩幸,"英語空欄補充問題を対象とした質問応答システム",言語処理学会第10回年次大会,pp.325-328 (2004).
  • 大城亜里沙,新納浩幸,佐々木稔,"検索エンジンを利用した単語クラスタリング",言語処理学会第10回年次大会,pp.17-20 (2004).

2003

  • 新納浩幸,佐々木稔,"EMアルゴリズムの最適ループ回数の予測を用いた語義判別規則の教師なし学習",情報処理学会, Vol.44, No.12, pp.3211-3220 (2003).
  • 新納浩幸,阿部修也,"日本語翻訳タスクへの帰納論理プログラミングの適用,自然言語処理", Vol.10, No.3, pp.75-85 (2003).
  • 新納浩幸,"EMアルゴリズムを用いた教師なし学習の日本語翻訳タスクへの適用",自然言語処理, Vol.10, No.3, pp.61-73(2003).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"SVDPACKCとその語義判別問題への利用", 自然言語処理, Vol.10, No.2, pp.129-149 (2003).
  • Hiroyuki Shinnou, Shyuya Abe and Minoru Sasaki,"Learning of word sense disambiguation rules by Belief Networks", PACLING-03, pp.245-248 (2003).
  • Minoru Sasaki and Hiroyuki Shinnou,"Automatic thesaurus construction using word clustering",PACLING-03, pp.55-62 (2003).
  • Hiroyuki Shinnou and Minoru Sasaki,"Unsupervised learning of word sense disambiguation rules by estimating an optimum iteration number in the EM algorithm", Seventh Conference on Natural Language Learning (CoNLL-2003), pp.41-48 (2003).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"多項分布と一様分布の混合分布による語義の事前分布の推定",電子情報通信学会言語とコミュニケーション研究会,NLC2003-43,pp.53-58(2003).
  • 阿部修也,新納浩幸,"Belief Network を用いた語義判別規則の学習",言語処理学会第9回年次大会,pp.310-313 (2003).
  • 高橋篤史,新納浩幸,"ファジィクラスタリングを用いた語義判別規則の教師なし学習",言語処理学会第9回年次大会,pp.306-309 (2003).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"単語クラスタリングの語義判別問題への応用",情報処理学会自然言語処理研究会, 154-21, pp.145-152 (2003).

2002

  • Hiroyuki Shinnou,"Learning of word sense disambiguation rules by Co-training, checking co-occurrence of features", LREC-02, Vol.IV, pp.1380-1384 (2002).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"情報検索手法を利用した語義判別問題の高速解法",情報処理学会自然言語処理研究会, 152-9, pp.57-62 (2002).
  • 佐々木稔,新納浩幸,"潜在的文脈関連度を用いた検索質問拡張",情報処理学会自然言語処理研究会, 151-8, pp.65-72 (2002).
  • 新納浩幸,佐々木稔,"EM アルゴリズムの最適ループ回数の予測を用いた語義判別規則の教師なし学習",情報処理学会自然言語処理研究会, 151-8, pp.51-58 (2002).
  • 新納浩幸,高橋篤史,"EM アルゴリズムを用いた語義判別規則の教師なし学習",言語処理学会第8回年次大会,pp.663-666 (2002).
  • 阿部修也,新納浩幸,"帰納論理プログラミングを用いた語義判別規則の学習",言語処理学会第8回年次大会,pp.667-670 (2002).

2001

  • 新納浩幸,"日本語形態素解析の分類問題への変換とその解法",情報処理学会論文誌, Vol.42, No.9, pp.2221-2228 (2001).
  • 新納浩幸,"決定リストを弱学習器としたアダブーストによる日本語単語分割",自然言語処理, Vol.8, No.2, pp.3-18 (2001).
  • Hiroyuki Shinnou,"Detection of errors in training data by using a decision list and Adaboost", IJCAI-2001 workshop, "Text Learning: Beyond Supervision", pp.61-65 (2001).
  • 新納浩幸,"SENSEVAL2 日本語翻訳タスクに向けて作成した語義判別学習システム Ibaraki",電子情報通信学会言語とコミュニケーション研究会,NLC2001-36--48,pp.25-30(2001).
  • 新納浩幸,"素性間の共起性を検査する Co-training による語義判別規則の学習",情報処理学会自然言語処理研究会, 145-5,pp.29-36(2001).
  • 新納浩幸,"決定リストとアダブーストを利用した訓練データ中の誤り検出",言語処理学会第7回年次大会,pp.26-29(2001).

2000

  • 新納浩幸,"表記情報をデフォルトの証拠として用いた決定リストによる同音異義語の誤り検出",情報処理学会論文誌, Vol.41, No.4, pp.1046-1053 (2000).
  • 新納浩幸,"最大エントロピー法と自然言語処理",AAMT Journal, No. 29, pp.7-14 (2000).
  • Hiroyuki Shinnou,"Deterministic Japanese Word Segmentation by Decision List Method",PRICAI-2000, pp.822 (2000).
  • Hiroyuki Shinnou and Masanori Ikeya, "Extraction of unknown words using the probability of accepting the kanji character sequence as one word", LREC-2000, pp.683--687 (2000).
  • 新納浩幸,"日本語単語分割へのタグなしコーパスとタグ付きコーパスの利用",情報処理学会自然言語処理研究会, 140-1,pp.1-8 (2000).
  • 新納浩幸,"日本語形態素解析のクラス分類問題への変換とその解法",情報処理学会自然言語処理研究会, 135-20,pp.149-156 (2000).
  • 池谷昌紀,新納浩幸,"文字列が単語となる確率を用いた未知語抽出",情報処理学会自然言語処理研究会, 135-7, pp.49-54 (2000).

1999

  • 新納浩幸,"平仮名 N-gram による平仮名列の誤り検出とその修正,情報処理学会論文誌", Vol.40, No.6, pp.2690-2698 (1999).
  • Hiroyuki Shinnou and Masanori Ikeya, "Correction of Word Segmentation Errors through Character-based HMM",Pacific Association for Computational Linguistics PACLING-99, pp.131--136 (1999).
  • Hiroyuki Shinnou,"Detection of Japanese Homophone Errors by a Decision List Including a Written Word as a Default Evidence",9th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics (EACL-99), pp.180-187 (1999).
  • 新納浩幸,"拡張文字ベースの HMM を利用した固有名詞抽出",IREX ワークショップ,pp.151-157 (1999).
  • 池谷昌紀,新納浩幸,"文字ベースのHMM による複合語単語分割の誤り修正",言語処理学会第5回年次大会,pp.494-497 (1999).

1998

  • Hiroyuki Shinnou,"Revision of Morphological Analysis Errors Through the Person Name Construction Model", Third Conference of the Association for Machine Translation in the Americas (AMTA-98), pp.398-407 (1998).
  • Satoshi Sekine, Ralph Grishman, and Hiroyuki Shinnou,"A Decision Tree Method for Finding and Classifying Names in Japanese Texts", 6th Workshop on Very Large Corpora (WVLC-6) (1998).
  • 新納浩幸,"誤りやすい同音異義語の収集",情報処理学会自然言語処理研究会, 126-1, pp.1-8 (1998).
  • 新納浩幸,"平仮名Nグラムによる平仮名列の誤り検出とその修正",言語処理学会第4回年次大会, pp.512-515 (1998).
  • 新納浩幸,"複合語判定を優先させた決定リストによる同音異義語判定",情報処理学会自然言語処理研究会, 124-9, pp.63-70 (1998).

1997

  • 新納浩幸,"コーパスを利用した分類語彙表の未登録語義の発見",情報処理学会論文誌, Vol.38, No.5, pp.953-961 (1997).

1996

  • Hiroyuki Shinnou,"Finding a Deficiency of a Meaning in a Bunrui-goi-hyou Entry by Using Copora", 11th Pacfic Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-11), pp.177-186 (1996).
  • Hiroyuki Shinnou,"Redefining similarity in a thesaurus by using corpora", The 16th International Conference on Computational Linguistics (COLING-96), pp.1131-1135 (1996).
  • 新納浩幸,"コーパスを利用した分類語彙表の未登録語義の発見",情報処理学会自然言語処理研究会,115-6,pp.35-42 (1996).
  • 新納浩幸,"コーパスとシソーラスを利用した名詞間距離の設定",言語処理学会第2回年次大会, pp.177-180 (1996).

1995

  • 新納浩幸,井佐原均,"語義の特異性を利用した慣用表現の自動抽出",情報処理学会論文誌, Vol.36, No.8,pp.1845-1854 (1995).
  • 新納浩幸,井佐原均,"片方向の共起性による述語型定型表現の自動抽出",自然言語処理, Vol.2, No.3, pp.73-86 (1995).
  • 新納浩幸,井佐原均,"コーパスからの付属語的表現の自動抽出",人工知能学会論文誌, Vol.10, No.3, pp.429-435 (1995).
  • 新納浩幸,井佐原均,"疑似Nグラムを用いた助詞的定型表現の自動抽出",情報処理学会論文誌, Vol.36, No.1, pp.32-40 (1995).

1994

  • 新納浩幸,井佐原均,"コーパスからの関係表現の自動抽出",情報処理学会論文誌, Vol.35, No.11, pp.2258-2264 (1994).
  • 新納浩幸,"文字列と後続文字列との接続割合の変化を利用した定型的文末表現の自動抽出",情報処理学会自然言語処理研究会, 104-6, pp.39-46 (1994).

1993

  • 新納浩幸,"制御情報をもつ選言記述形式とその単一化", 情報処理学会論文誌, Vol.34, No.12, pp.2474-2481 (1993).
  • Hiroyuki Shinnou and Hitoshi Isahara,"Automatically Extacting Simple Auxiliary Phrases from a Corpus",Natural Language Processing Pacific Rim Symposium, pp.136-143 (1993).
  • 井佐原均,新納浩幸,山端潔,森口稔,野村浩郷,"JEIDA 機械翻訳システムの評価基準(品質評価編)",情報処理学会自然言語処理研究会,96-11,pp.81-88 (1993).

1992

  • 新納浩幸,"複数のLRテーブルを用いた一般化LRパーサによる部分列解析",情報処理学会自然言語処理研究会, 89-6, pp.41-48 (1992).
  • 新納浩幸,鈴木浩之,飯塚泰樹,"選言部の共通情報検査を行なう単一化手法",日本ソフトウエア科学会他共催「自然言語処理の新しい応用」シンポジウム,pp.32-39 (1992).

1991

  • 新納浩幸,"大域的グラフノード共有による単一化手法",日本ソフトウエア科学会第8回大会,E6-1,pp.557-560 (1991).
  • 新納浩幸,鈴木浩之,"逐次的解析における音声情報の利用",情報処理学会自然言語処理研究会 85-7, pp.49-56 (1991).